無理なくできる
家計と収納のしくみ
ママが心穏やかになる住まいづくり
住まいづくり

周辺環境が気に入って、土地を決めました。

今日の内容は、
土地を決めた理由についてまとめ

現在の便利な住まい

2012年
繁華街徒歩10分の場所に中古マンション購入

2018年にリノベーション

いま私達4人家族は、鹿児島県イチの繁華街エリア(天文館)から徒歩10分という、とても便利な場所のマンションに住んでいます。

・大型書店、無印良品、ロフトが徒歩圏内

・子育て支援施設や水族館・科学館も車や自転車で10分以内に多数

・役所も車で5分程度

とても好立地

なのに、この便利な土地を離れ少し田舎へ引っ越すと決めました。

コロナ過で感じた都会の限界

いちばん大きな理由は『コロナ』

それまで、この便利な場所がとても気に入っていて自慢なくらいでした。

ですが、コロナで施設はどこも閉館

行けるのは近所の公園くらいしかなくなった時、とても不便に感じました。

そんな時出会ったのが、いま新居を計画中の土地

自然豊かな公園のすぐ隣

夫婦の夢

私は便利な今のマンションを気に入っていましたが、

夫はこの10年間ずっと『田舎(指宿)に住みたい』と言っていました。

昨年マネーライフプランナーの資格で夫婦の夢を整理した際

『10年後くらい(暮らしが落ち着いたら)田舎に別荘が欲しいね』となりました。

その後に蔓延防止を2回体験

不便を感じていた所、この土地に出会います

夫婦で一目惚れでした。

死ぬまで住むと決めた土地

Instagram投降

ちょうどシンケンスタイルの見学会で加賀江さん宅を見せて頂いたのもあり、
夫婦の夢
老後までの暮らしを考えた時

この場所がベストだと感じました。

この場所でこれから50年
平和に暮らして死ねたら幸せだなと思えました。

新着記事